<   2005年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

黄金週間。

やほ~い!GWです!今年は休みが結構あるのです!嬉しい…(涙)。

(最初の記事は"globe"ファンの方、及び基本的な音楽理論が解かる方のみお読みください)
まずはですね、当たり前の様に買ってきたDVD『globe decade - access best seasons 1995-2004-』ですね。1/22に書いたglobeのツアーの映像化です。実際収録されてるのは僕が行った公演じゃないんですけどね。だいたい音楽DVDの音声は、アナログ信号を2進数のパルス信号に置き換える"リニアPCM"が採用されるんですけど、やはりフルデジタルサウンドシステムを組んだライブだけあって、"5.1chドルビーデジタル"が採用されてました。とは言うモノの、だいたい自分の部屋で見る事が多いんですけど、音楽制作用のノートPCで観てるんでスピーカーもモニタースピーカーなんですよね。なので、5.1chは僕にとってはあんまり意味がないです(笑)。TKがリアルタイムでミックスしてたんですけど、そのせいなのか変にリミッターがかかってる箇所が幾つかありましたね。やっぱり、ミックスしながらキーボード弾くのは忙しいって(笑)。それにしても"wanna Be A Dreammaker"のテンションの高さはなんでしょうか?CDに収録されてるのは、一時期流行って一気に死語になったデジタルロックっぽいアレンジなんですが、ここ数年ライブで演奏する時はトランスになってます。四つ打ちで、しかも原曲よりBPMが早くなってるっていう要因に加えて、やっぱりコード進行がね…。だってAメロのコード進行が…

Aomit3---/----/A♯omit3---/----/
Aomit3---/----/A♯omit3---/F---/

…ですよ!こんなAメロなかなかないですよ!ジワジワとテンション上がってくるこの感覚…。"MARK"のヘンなダンスも最高潮ですわ!(笑)そんでもって新曲『Judgement』はサビのコード進行が…

Em-C-/D-G-/Em-C-/D-G-/

度数に直すと…

6m-4-/5-1-/6m-4-/5-1-/

"小室哲哉進行"出ちゃったよ!しかも最後は半音上がっちゃいます!(笑)この進行で有名なのが言わずと知れた『Get Wild』なんですが、最近のJ-POPでは良く聴けるようになりましたね。"浜崎あゆみ"の『Moments』のサビとかもこの進行です。『Get Wild』も『Moments』もキーは違いますけどね。しかも歌メロもいかにもTKで、特に昔からのTKファンにはたまんないでしょうね。7月に発売する(って噂が流れてる)アルバムには、是非収録して頂きたい1曲です。6/29発売の2年ぶりのニューシングル『Here I am』も楽しみです。ちなみに、DVD購入特典の壁紙とスクリーンセーバー早速DLして、ウチのPC2台はglobing完了です(笑)。

先週書いた"(ある意味)伝説のバンド"っていうのは、実は"E-MUTANT"の事です。E-MUTANT(以下EM)が分からない方の為に少し説明を…。僕が高校生~大学生時代に組んでたバンドで、メンバーは僕を含めて3人です。ウチにある機材だけでアルバム2枚作りました。その時のCDは僕の部屋に残ってます。僕にとっては、曲作りのスタイルみたいなモノを作った基盤みたいなバンドですね。今になって聴くと結構ムチャクチャな曲もありますけど(笑)、それはそれで楽しかったです。最終的にはメンバーのスケジュールが合わなくて、解散に到ってしまいましたけど…。音楽性の違いが原因じゃないですよ。音楽性の違いはありましけどね。逆にこのバンドの場合、違いすぎてたんですよ。けどナゼか音楽的には上手くいってました。違いすぎてて割り切れる部分があったというか…。どんな曲を作るかは、僕がほとんど決めてましたし。まぁ、せっかくメンバーとは長い付き合いなんで『お互いに時間が取れそうなときに、また一緒にやらない?』ここ最近言ってたんですよ。当時は普通にJ-POPを作ってましたが、これからはもっとマニアックな方向にベクトルが向いていくと思います。J-POPは"CYAN"で作ってるし。CYANは曲によってボーカリストが違うんで、その時のボーカリストに合わせて、理論的な事も少し考えて作曲するんですけど、EMは完全に自己満足バンドなんで、理論なんて完全無視です(笑)。とりあえず楽しければOK!みたいなスタイルで作って行こうと思います。それで聴いてくれる人が誰もいなくても、別に構いません!(爆)完成はいつになるかまだ分からないですけど、一応EMの曲も作ったりしてますんで、特に旧友の方に楽しんで頂けたらなぁと思います。

Kai君へ
ライブお疲れ様でした。カッコ良かったぜ!また是非呼んでください。今度Yuuichirou君と笹沼も交えて食事でも行きましょう。GWは風呂ですな(笑)。

♪今週入手したCD
浜崎あゆみ『MY STORY Classical』

♪今週入手したDVD
globe『globe decade - access best seasons 1995-2004-』


来週は都合により日曜日に更新すると思います。次の更新は5/8予定です。
[PR]

by msseq | 2005-04-30 06:30 | Blog  

Sixteenあの頃の気持ち。

昨日"金曜ロードショー"で『紅の豚』やってましたね。エンディングで"加藤登紀子さん"の『時には昔の話を』って曲が使われてるんですけど、僕はこの曲が大好きです。この曲を始めて聴いた時、実は雰囲気に飲み込まれて泣いちゃったんですよ(笑)。昨日はこの曲が聴きたくて最後まで映画を見ました。途中からですけどね。ちなみに、僕が聴いて泣いた曲はこの曲と"TM NETWORK"の『TIMEMACHINE』だけです。

えっとですね、ご報告があります。アカデミーに新しくスタジオが出来ました。受講生用ではなくavexのアーティスト専用のスタジオなんですが、すでにご存知の方もいらっしゃると思いますが、そこの管理業務要員としてGW明けから働く事になりました。バイトですけどね。色々面白い体験が出来そうなんで今から楽しみなんですが、普通にデビューしてる方々が使うスタジオなんで…、ミス出来ねぇよ!(笑)それにしても、まさかアカデミーで働く事になるとは思ってもみませんでしたね。今より若干収入が減ってしまうんですが、それ以上の何かはきっと得られると思います。いざとなったら、着メロ当てまくってやるさ!(笑)また1歩業界に深く入り込む事になるんですね~。まだあんまり実感ないですけど…。音楽的な進展があったりすると、音楽を始めた16歳の頃を思い出したりするんですよね。まさかあの頃はこーゆー仕事が出来るなんて思ってなかったし…。そんなこんなで今週のタイトルを付けてみました。元ネタが解かるアナタ、立派な"Fanks"ですね(笑)。以上、ご報告でした。

今週は"Way Out West"の『Intensify』について書くんでしたね。僕が常々好きだと言っているテクノアーティスト"Chicane"とか"BT"なんかが好きな方には、かなりオススメ出来るアルバムですね。どっちかって言うと、アッパー系よりかは若干チルアウトっぽい繊細なシンセサウンドが特徴的な、イビザ島の海岸の夕日が似合いそうな、プログレッシブハウスやトランスが好きなんですけど『Intensify』もそんな感じですね。"Paul Van Dyk"なんかにも通じる雰囲気ですね。知性的テクノとでも言いましょうか(笑)。特にBTからの影響が大きいみたいで、グルーヴ感やボーカルのエフェクト処理なんかはかなり似てますね。1つもったいないなぁって思った事があって、このユニットはDJ2人組なんですけど、そのせいもあってかあんまりメロディアスじゃないんですよね…。全部リフに聴こえるんですよね~。やっぱりグルーヴ重視なんですかね…。それとも、ChicaneやBTのメロディーがカッコ良すぎるのかな(笑)。まぁでも、全然カッコいいアルバムだと思います。興味がある方は是非。

ついに(ある意味)伝説のバンドが帰ってきます。詳しくは来週書きます。

上田先生へ
ご結婚おめでとうございます!"先生が結婚"の時点でかなり驚きましたが、お相手が"etre"のボーカルの方だと知って、一粒で2度おいしい驚きでした(笑)。末永くお幸せに!

♪今週入手したCD
Anna Sahlene『Photograph』

♪今週入手したDVD
access『LIVE REFLEXIONS ⅡSYNC-ACROSS JAPAN TOUR '94』


次の更新は4/30予定です。
[PR]

by msseq | 2005-04-23 12:01 | Blog  

"a-motion '05"提出完了。

"玉置成実ちゃん"来月アルバム出すみたいです。多分買いますね。

昨日、半強制的参加オーディション(笑)、"a-motion '05"用楽曲デモをアカデミーに提出してきました。ホント、〆切ギリギリでしたね。木曜日はバイト先からお休みを頂いて、昨日の日中まで仕上げのラストスパートでした。なかなかの作業量だったんですけど、どんな感じの作業をどのくらいの時間してたのか、ちょっと思い出しつつ書いてみたいと思います(笑)。
------------------------------------------
4/14(木)・11:30
起床。ホントは10時に起きるつもりだった(爆)。食事、洗面、着替え等、手っ取り早く済ませる。

12:00~14:30
作業開始。1曲目の仮歌入れ,仮歌の波形編集,ピッチ修正,ミキシング。オケはすでに完成してました。ってか、完成って事にしちゃってた(笑)。

14:30~15:00
休憩。牛乳ガブ飲み。

15:00~17:00
2曲目の仮歌入れ,仮歌の波形編集,ピッチ修正。

17:00~19:30
2曲目のMIDI手直し、最初からオケの録音(オーディオはき出し)やり直し。

19:30~21:00
夕飯。入浴。牛乳ガブ飲み。

21:00~4/15(金)・1:30
オーディオはき出しの続き、オケのミックスやり直し、仮歌を含めてのミックス。

1:30~1:40
もう1曲仮歌を入れなきゃいけないデモがあったが深夜になってしまったので、朝早く起きて録音する事に決める。笹沼に電話連絡。自分でこれから閉店後のバイト先のロッカーで仮歌を録音してくるとの事。作業が1つ減る。

1:40~3:00
プロフィール作成。

3:00~3:30
ミックスした2曲を再チェック。ミックスダウン。

3:30~9:30
睡眠。作業が1つ減ったおかげで6時間寝る事が出来た。

9:30~11:00
牛乳ガブ飲み。プロフィール作成続き、必要書類等の確認。

11:00~12:00
だいぶ余裕が出来たのでゆっくり食事する。

12:00~13:00
ミックスダウンした2曲のノイズ等チェック。

13:00~14:00
笹沼に電話連絡。笹沼が担当したデモのwavがサーバーに上がっていたので落す。笹沼のプロフィールをメールで送ってもらい編集。印刷。

14:00~15:00
3曲マスタリング。CD-Rに焼きCDプレーヤーでチェック。レーベル面に必要事項を書き込み、大きな封筒にプロフィールと共に入れる。準備完了。

15:00~16:00
ここ1週間かなりの作業量をこなしたのでしばし放心状態になる。放電し切った感じ。

16:00~16:15
シャワーを浴びる。牛乳ガブ飲み。

16:15~16:30
出掛ける準備をする。

16:30
アカデミーへ出発。
------------------------------------------
こんな感じです。放心状態の時はホントに何にも考えてなかったですね。ただただボーっとしてました(笑)。ホントは出掛ける直前まで作業する事になると思ってたんですが、後半余裕が出てきたんでかなり助かりましたね。

せっかくなんで、作ったデモを1曲聴けるようにしてみました。『Courage』っていう仮題が付いてます。笹沼と僕の共作です。歌ってるのは僕です(笑)。ピッチ修正した後、1オクターブ上げてます。ピッチ修正しても所々音程が怪しかったりしてますが…。タイム感も危ない部分がありますね(汗)。なんでシンセメロも一緒に鳴ってます。アレンジと展開をもう少し何とかしたかったんですけどね。サビにギターとか入れたかったし。ちなみに想定アーティストは"Ruppina"です。Ruppinaっぽさは十分醸し出せてると思いますよ。こちらからDLしてサラっと聴いてみてください。歌声に関しては触れないでやってください(笑)。楽曲の出来がどうこう以前に、3曲ちゃんと提出出来て良かったです。また今日から、改めてデモ制作や『Suite Season』に精力的に取り組んで行きたいと思います。

昨日"Ricoさん"からメールが来て、『Spring Colors』を歌った①次オーディションを見事通過し②次審査に進んだそうです。とりあえずホッとしたんですけど、また②次でも僕の曲を歌うって言ってました。また緊張するなぁ…(笑)。ボーカルコースは全部で200人以上いるんですけど、①次なのにすでに20人前後に絞り込まれてましたね。その中に残ってるんだからスゲぇなぁって思いますね。そーいえば"Ayaka"の名前もありましたね。頑張ってるみたいで何よりです。

♪今週入手したCD
Way Out West『Intensify』
(このアルバム、久々のテクノで当たりのアルバムですね。来週はこのアルバムについて少し書こうと思ってます。)


次の更新は4/23予定です。
[PR]

by msseq | 2005-04-16 19:01 | Blog  

REAL LIFE REAL HEART

現在、7日木曜日23時を回った頃です。このブログは前もって書きました。おそらく週末は部屋に閉じこもってずっとデモ制作してると思います。若干追い詰められてます。たぶん、途中で発狂とかするかもしれないですけど(笑)。それにしても、花粉症で鼻が詰まって脳に酸素がいかなくて頭がボーっとしてます。まじで勘弁して欲しいわ…。

祝!"BoAちゃん"オリコン初登場①位&"木村カエラ"初のTOP③入り!僕は作曲家であるまえにという意味でも、作曲家であるからって意味でも、コアなリスナーでいたいと常に思っているんですけど、やっぱり自分が買ったCDがチャートの上位にランクインにするとウレシイもんです。なんか『自分の選択は間違ってなかったんだ!』みたいな気分になります(笑)。僕がが売れる前に目を付けたアーティスって、その後ブレイクしてるケースが多いんですよね。なぜかは自分でもよく分かってないんですけど…。カエラちゃんの『リルラ リルハ』をCMで初めて聴いたとき『あ、この曲良いかも』って思ったんです。で、その後音楽チャンネルでPVが流れた時に初めてフルコーラス聴いたんですけど、その時に『あ、この曲絶対売れるな』って直感しました。PV見た時は何の根拠もなかったんですけど、CD買って聴いてみたらなんとなくですけどその理由が分かりました。とりあえず詞が良いですね。出だしが『わたしのおまもり、お花マーガレット』っていう詞なんですけど、こんな詞僕にはまず思いつかないですね(笑)。メロディーも分かりやすいし。最近自分で作詞する事が多いせいか歌詞に過剰反応してしまうんですけど、よく考えてみると分かりやすくてメッセージ性の強い歌詞ほど、歌メロも耳に残りやすかったりするんですよね。また1つ勉強になりました。それにしても、横浜ではBoAちゃんよりカエラちゃんのシングルがプッシュされてました。さすがはサクサクの地元です。そんな僕もサクサカーなのは、もう言う必要もないですが(笑)。

今週はこの辺で失礼します。あんまり時間がないモンで。すいません。

☆今週入手したCD
Jackson vibe『Welcome to the FUN』
玉置成実『Heroine』


次の更新は4/16予定です。
[PR]

by msseq | 2005-04-09 00:07 | Blog  

新年度。

セ・リーグ開幕しましたね!開幕戦巨人負けてるし…。

今週は久々にランキングモノいってみましょう!何のランキング書こうかなって8秒間くらい考えて決めた今回のテーマはコレだ!

『真・へたれ作家"まさや"が選ぶ好きなライブビデオ(DVD)TOP5』

①globe tour 1999 Relation / globe
基本的にポップスやロックのライブっていうのは『楽しく騒ぐもの』っていうイメージが一般的ですよね。そのイメージをことどとく覆されました。"悪夢"というコンセプトを打ち立て、最初は普通にコンサートが始まるんですけど、2曲目の『SWEET PAIN』が途中でいきなりカットアウトされ会場も真っ暗になり、そこから観客にジワジワと"不安""ストレス""恐怖感"を与えるっていう前代未聞のライブです。なので、ステージ上のメンバーが見えづらいライティングだったり、普通に考えたら有り得ない演出が次々に見られます。例えば『FACES PLACES』では"MARC"が何故か首にロープをつながれた状態で登場し、曲の終盤で救いを求めるMARCに対して"TK"が絞首刑を執行するという、かなり衝撃的なシーンがあります。TKのピアノソロではピアノが勝手に演奏を始めるんですけど、その曲が実は昔TKが自殺したアイドルに提供した曲だったりっていうシーンもあります。最後にはTKのナレーションで救済され日常(通常のコンサート)に戻り、序盤でカットアウトされた『SWEET PAIN』が再び演奏されてるんですが、このライブにはストレスを受け続けた人間はそのストレスに順応してしまい、その後元の状態に戻っただけで前よりも喜びを感じるようになるという、"認知的不調和"の理論が使われてます。後にも先にも、こんなライブをやってくれるアーティストはいないんじゃないかなって思いますね。さすが総制作費10億円(笑)。

②EVERYTHING, EVERYTHING / Underworld
このDVDは有名ですよね。『DVDはUnderworldにとってパーフェクトなメディアだ…』メンバーでありプロデューサーである"Rick Smith"の言葉です。1999年に行われたワールドツアーの模様を収録したライブDVD。"フジロック'99"の映像も収録されてます。1992年結成からのキャリアを総括するかのようなベスト盤的内容であり、ソロ・アーティストとして旅立った"Darren Emerson"が参加した最後のツアーの映像でもあり、2度と繰り返されることのない片身となったDVDです。タイトルの『EVERYTHING, EVERYTHING』は彼らの代表曲のひとつ『Cowgirl』で繰り返されるフレーズの引用ですが、彼らの持てる"すべて"を詰め込んだ内容なのだという宣言とも取れます。僕も良くマネをする"Karl Hyde"奇怪なダンス(笑)に、ライブ用に作り直されたトラック、アート集団"TOMATO"によるしくスタイリッシュな映像が見事に1つなってます。最後に収録されてる、僕が"Underworld"の中で一番好きな『Moaner』は有り得ないテンションです(笑)。

③EXPO ARENA FINAL / TMN
TMN終了の1994年5月26日に完全限定で販売されたBOX『Groove Gear』に収録されていたライブビデオをDVD化して一般発売されたモノです。このDVDが一般発売されるのを願ってたTMファンはたくさんいたと思います。このライブの構成や演出は『僕がライブをやるならこんなライブしたい』っていう、僕の理想のライブにかなり近いんですよ。J-POPシーンに"ライブ = エンターテイメント"っていう概念が根付いてきたのは、恐らくこの辺りからじゃないなかって思いますね。『Just Like Paradise』や『Jean Was Lonely』のパフォーマンスはめちゃめちゃカッコイイ!ホント、こんなライブやりてぇなぁ…。TKの髪型も一番激しかった頃だと思います(笑)。

④Montage -The Night Life Tour- / Pet Shop Boys
彼らの音楽性と人間性が、そのままパッケージされたようなポップなライブです。ポップ過ぎる分ちょっと迫力がないかなって感じはしますが、絵に描いたような美しいライティングや演出、そして絶妙なハーモニーを奏でるコーラス隊、全てがアーティスティックです。『Closer To Heaven』のイントロのコーラスなんか凄くカッコイイですよ!キーボードの"Neil Tennant"が演奏してる音が聴こえないような気もするんですが、気のせいでしょう(笑)。

⑤LIVE REFLEXIONSⅡ SYNC-ACROSS JAPAN TOUR '94 / access
まぁ特に理由はないんですけど、高校生時代にしょっちゅう見てたなぁと思って。今でもたまに見ますけど。当時は"浅倉大介"のパフォーマンスに憧れて"YAMAHA KX5"を買ってマネしてました(笑)。よくあんな重いショルキー持って走り回れるモンだなぁって、今でも関心しますね。演出的にはごく普通のライブですね。

まぁこんな感じですね。『globe tour 1999 Relation』でかなり長い文章になってしまいましけど、このライブだけはいくら文章を書いても書ききれないくらい大好きです。だいたいglobeのツアーは見に行ってますけど、チケットが発売された時期と大学受験が重なりまして、このツアーは行けなかったんですよね…。非常に後悔しています…。音楽に関する事のみですけど、もし『こんなランキングを書いて欲しい』みたいなリクエストがあれば、応えていきたいと思いますのでお気軽にリクエストしてみてくださいね。

♪今週入手したCD
BoA『DO THE MOTION』
木村カエラ『リルラ リルハ』
move『BOULDER』


次の更新は4/9予定です。
[PR]

by msseq | 2005-04-02 21:52 | Blog