主に使ってる音源くん達。

b0025769_1054858.jpg


KORG TRITON Extreme (限定ブラックバージョン)
最初に初代TRITONを買ってから、かれこれ7年くらい経ちまして、それからずっとTRITONシリーズをメインで使ってきました。いま使ってるExtremeは、2年くらい前に初代TRITONが故障したのを期に入れ替えたモノです。作曲を始める時に、やっぱりこのシンセから音色を選んでいきますね。で、Extremeになければ他の音源を探すといった感じです。タッチパネルの操作も体に染み込んでますね(笑)。小室先生もExtremeユーザーなのですが、なによりLinkin ParkのMike ShinodaがTRITONシリーズ大好きなのが、僕的にも喜ばしい事です。ちなみに僕の初代TRITONはいま植木さんの元で頑張っている事でしょう(笑)。




b0025769_106491.jpg


Roland SRX-01 Dynamic Drum Kits
生ドラムをシュミレートして打ち込むときは、必ずこの音源を使います。いまはソフトでも生ドラム音源がたくさんありますし、実際に僕のPCにもBFDがインストールされてたりするんですが、僕的にはこのボードが最高です。少なくともBFDよりは良いと思ってます。XV-5050に搭載させてるんですが、ウチのXV-5050は、もはやこのボードの為だけにあります(笑)。このボードの音色は、『意地でも人が叩いてるように打ち込んでやろう!』って思わせてくれる音色なんですよね。"Lights"の曲の生ドラムシュミレートは、いまのところ全部このボードを使ってます。




b0025769_1085047.jpg


KORG M1 (KORG Legacy Collection - DIGITAL EDITION)
かの有名なM1のソフトウェア版ですけども、基本的にはハードウェアと同じプリセットが収録されてます(アップデートすると少し増えますよ)。有名なピアノも健在です。これが何気に使える音色満載で、パッドやベルなんかは随所で使ってます。小室先生の『Digitalian is eating breakfast』や『天と地と』で使用されてる音色がたくさん聴けますよ(笑)。




b0025769_1012389.jpg


KORG WAVESTATION (KORG Legacy Collection - DIGITAL EDITION)
WAVESTATIONのソフトウェア版です。こちらも基本的にはハードウェアと同じプリセットが収録されてます(こちらもアップデートすると少し増えます)。こちらはTMNの『RHYTHM RED』やaccessの初期の頃に使われてる音色がたくさん聴けます(笑)。出音がモロにデジタルシンセで妙に良い感じです。DIGITAL EDITIONは周りの人にも『値段も高くないし使えば良いのに』って言いまくってて、しまいには植木さんの誕生日にプレゼントしたくらいですから、そのくらいお薦めです(笑)。




b0025769_1017272.jpg

KORG Mono/Poly (KORG Legacy Collection - ANALOG EDITION 2007)
今年に入ってANALOG EDITIONに追加されたラインナップなのですが、かなり使用頻度が高いです。シーケンスやモーション系で多用してます。ハードウェアは触った事ないんですが、どうもハードウェアとは印象が違うようですね。テクノと言うよりかはエレクトロってなイメージです。分かりづらいね(笑)。




b0025769_1019461.jpg

Cakewalk z3ta+
『安いし、音も好きな感じだから買ってみようかな~』と思って買ったら、大当たりだったシンセです。印象はRoland JP-8000に近いかな。とにかくトランスを作るなら持ってこいな音色が満載で、主にMSYのプロダクトで使います。妙に出音がデかいです。それから、アルペジエイターが完成され過ぎてて、そのまま使う事が多いです(笑)。



b0025769_1021162.jpg

GForce M-Tron
メロトロンのソフトウェア版です。たいして使ってないのですが、メロトロンの音が出せるだけで満足です。欲しい欲しいって騒いでたら、植木さんと笹沼が誕生日にプレゼントしてくれました(笑)。



b0025769_10224057.jpg

Steinberg Virtual Guitarist 2
これだけは好みで使ってるのではなく、必要だから導入しました。使ってる人も多いので、いまさら書くことではないですが、かなり便利ですね。コード進行を決めて、これでアコギをならしながら歌ってたら、フォークっぽい曲が出来た事がありました(笑)。



他にもソフトシンセはいろいろインストールしてあるんですが、基本的にはこれらの音源を使用して制作してます。やっぱりKORGが多いです。別に意識してるワケではないんですけどね(笑)。ソフトシンセも充実してきたんで、システムはシンプルになってきました。基本スピーカーは使わなくてヘッドホン派なので、これでSteinberg HYPERSONIC 2とかあったら、PCとオーディオI/Oと鍵盤だけあれば成立しますからね。便利な世の中になったモンです(笑)。でも僕はハードシンセ使わないと気が済まない人で、割合的にはハード6のソフト4くらいで使ってます。いまは特別欲しい音源とかはなくなってきましたね~。こんだけあるんで事足りてます。強いて欲しいと言えば、KORG M3くらいですかね。むしろ、いまは新しいコンデンサーマイクが欲しいです。

たいして為にならないシンセレビューでした(笑)。
[PR]

by msseq | 2007-06-16 10:31 | Blog  

<< とうとう正式発表。 キュウリって…。 >>