カエラはメールし放題!(特に内容とは関係ないです)

ウチの妹の自慢は『"渡辺いっけい"と同じ誕生日』だそうです(笑)。

先週書いた通り、マンチェスターの誇る英国最重要バンド"New Order"の実に4年振りのニューアルバム『WAITING FOR THE SIRENS' CALL』買って来ました!New Orderのアルバムは今まで何枚か聴いてきましたが、僕が知ってる限りでは今までで一番好きなアルバムですね。こーゆーポップでエレクトロなロックは大歓迎です。打ち込み系の洋楽を聴いてて常に思うんですけど、(打ち込みだけの曲は別にして)打ち込みと生音の縫い目が自然なんですよね。逆に邦楽ってある程度分離しちゃってるケースが多い様な気がします。僕の中でNew Orderはその代表だったりするんですが、このアルバムからの専攻シングル『Krafty』を聴いただけでも、僕の言いたい事が伝わるんじゃないかなと思います。この『Krafty』はアルバムの4曲目に収録されてるんですけど、この曲凄く良いです!リピート再生しまくってます!展開的には、歌メロはAメロとサビしかなく非常に分かりやすいですし、間奏で聴けるベル(グロッケン?)はかわいらしくて好きです。最初このアルバム買おうか迷ってたんです。僕はいつも朝起きてバイトに行くまでの間、音楽チャンネル(だいたいはSSTV)を見ながら朝ごはんを食べたりしてるんですけど、アルバム発売2週間前くらいから『Krafty』のPVがほぼ毎日流れてたんですよ。毎日聴いてるうちにだんだん『なんかこの曲良いかも…』とか思い始めて、最終的にはアルバムの発売を待ち焦がれてました(笑)。"MOBY"の『HOTEL』同様、今年の重要アイテムにありそうなアルバムです。そんなNew Orderがデビューしたのは僕が生まれた年なんですよ。New Orderの歴史が僕の歴史でもあるワケですね(違)。

えーとですね、ここ何週か"Ricoさん"関係の話題を書いてますが、今週もRicoさんの話題がだいぶ絡んできます。Ricoさんから『オリジナルのバラード曲が欲しいので作ってくれませんか?』みたいなメールを『Spring Colors』を録音したすぐあとくらいにもらって、さっき一応第1段階のミックスが終わったトコロです(CYANのミックスはナゼか第3段階まであります)。彼女の好きなとあるバラード曲の雰囲気をだいぶ意識して作ったんですが、最終的には結局僕っぽくなってます(笑)。おそらくもう何曲か書く事になると思いますが、無事に完成すればmuzieにアップするので、その際は音楽少年にて告知いたします。

さっき『僕っぽくなってる』って書きましたが、自分では良く分からないんですけど、僕が作る曲って僕の性格が出てるらしいんですよ。結構色んな人にそう言われます。って事は性格が出てるってのは間違いないっぽいです。もし、どんなトコロが僕っぽいのか分かる方がいらっしゃったら、ちょっと教えてください(笑)。あとナゼかよく女性に間違われるんですよね。この前の日曜日にまた別の女の子に仮歌お願いして歌ってもらったんですけど、メロディーと歌詞を見て『女の人かと思ってました』って言われました。確か前も誰かに似たような事言われたことがあるんですよね。誰だったかなちょっと思い出せないんですが…。それで笹沼に聴いてみたら、僕がの書く詞は中性っぽいそうです。中古車店で働いてるTさんによく中性っぽい顔とか言われてからかわれたりしてたんですけどTさんの言う事もあながち間違いじゃなかったって事ですね(笑)。でも、その人の性格までもが表現される"音楽"って存在そのものが、面白くてしょーがないっす。だから音楽ってやめられないんですよね~。

♪今週入手したCD
New Order『WAITING FOR THE SIRENS' CALL』
BoA『JEWEL SONG / BESIDE YOU-僕を呼ぶ声-』


次の更新は4/2予定です。
[PR]

by msseq | 2005-03-26 07:27 | Blog  

<< 新年度。 新しい瞬間に素直になりたいから…。 >>